事前受付ってなに?えきねっとの事前受付を説明します

スポンサーリンク

今回、新幹線の指定席を購入するためにJR東日本の「えきねっと」で予約をしようとしました。
その際、事前受付という言葉がでてきて仕組みが把握できずにいろいろ調べたので、せっかくなので理解したことをまとめてみたいと思います。

そもそも指定席は何日前から購入できるの?

指定席の発売開始日時と発売期間は以下のとおりです。(2017年5月確認)

  1. 購入は乗車日の1ヶ月前(同じ日付)の10時から可能
  2. 事前受付が更に1週間前の5時30分から可能

※1ヶ月前に同じ日付がない場合は同月の1日が発売開始日。
(例:3月31日乗車の場合は2月31日がないので3月1日)

事前受付とは?

繁忙期の割引商品は販売開始時刻からすぐに完売となってしまいます。いわゆる早いもの勝ちです。ですので、10時に合わせてネット環境で待機して時報とともに購入するのがこれまでのオーソドックスな早いもの勝ちの購入方法です。

でも10時に待機するなんてなかなかハードル高いですよね?そこで事前受付です。

事前受付を前もって登録しておけば、システムがあなたの代わりに販売開始時刻と同時にこの購入処理をおこなってくれるのです。

予約が競合した場合は?

競合が発生しなかった場合はこれで購入が成立しますが、競合が発生した場合は、販売開始時刻にシステムによるランダム抽選が行われます。

抽選結果は1.の時間にメールでお知らせがあります。

なお、事前受付で座席の細かい指定はできませんでした。(2列席限定のような指定は可能でした。)

事前受付も先着順?

ちなみに、事前受付は先着順ではないようなので、2.の受付開始時刻に待機して我先にと事前受付登録する必要はないようです。

(公式サイトでこのあたりの明記はないですが、もし事前受付が先着順優先だとしたら本末転倒ですよね)

事前受付の存在意味

俗にいう”10時打ち(10時の時報に合わせて待機して購入すること)”が、時間に余裕のある人に有利なので、その不公平感を是正するための仕組みですよね。

事前受付のキャンセル料

事前受付の取消(キャンセル)には料金は発生しません。

ただし、事前受付申込の結果、予約が成立している場合は1席につき310円のキャンセル料(払戻手数料)が発生します。(2017年5月確認)

※切符の受取り前、かつ乗車日当日の出発時刻6分前まで、かつ22時54分までで「えきねっと特典」適用の場合。

チャレンジした結果

今回25%割引にチャレンジしてみましたが、事前受付の結果は不成立でした。

お盆や年末年始の帰省シーズンはなかなか難しいでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
書いた人
あなさん。
岩手から関東に移り住んで5年。できるだけ読みやすい文章、デザインを心がけています。
@anasanjpをフォロー
よければランキングに協力お願いします!にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児育児へ