息子がプラレール好きなので東武スペーシアに用もなく1区間だけ乗って帰ってきた話し

こんにちは!あなです。

息子は電車好きで1歳からプラレールで遊んでいます。

もちろん本物の電車に乗るのも好き。

これまで生活圏内の通勤電車や帰省時の新幹線など乗れるものには乗せてあげましたが、特急電車系はなかなか乗せてあげることができていません。

唯一”東武スペーシア”は生活圏内で走ってる特急電車で息子から「スペーシアに乗りたい」とせがまれていました。

そんななか「用はないけど1区間だけ遊びで乗ったらいいんじゃないか」とふと思いつき、むすこの笑顔みたさにさっそく実行にうつしました。

どこの駅から乗れる?

まずは情報収集。東武鉄道のホームページを見てみると運行ルートはつぎの2通りあることがわかりました。

  • 浅草 ~ 日光・鬼怒川温泉
  • 新宿 ~ 日光・鬼怒川温泉

いくらで乗れる?

東武鉄道ホームページには料金(特急料金と運賃)が記載されてあります。

とある一区間片道だけだと、特急料金510円+運賃420円で合計930円で乗れることがわかりました。

仮に旅行で鬼怒川温泉までを想定すると、大人一人特急料金1,130円+運賃1,200円で2,330円。

当然帰ってくるので往復で5千円弱。旅行は1人で行かないので夫婦で1万円弱。

遊びの1区間なら息子と自分だけで乗ってすぐ帰ってくればいいので、千円程度の遊びと考えればいいのです。

ということで駅へGO。

切符の買いかた

わたしが利用した駅では改札内のホームに特急専用の自動券売機がありました。なお改札外の窓口からも買うこともできるようでした。

あとは電車がくるのを待つだけ。
しょっちゅう見てる車両なのに自分たちが乗るとなると興奮がちがいます。

東武スペーシア入線!

きました!

乗ってみるとスペーシアは個室もあるらしいのですが一般席はとくに特徴もなく普通。

むすこはというと「まえからずっと乗りたかったんだよね。」となんか気をつかったようなコメント。

おわりに

帰りは普通電車で運賃のみで帰ってきました。

むこうでなにか遊んでくればよかったのですがとくに用もなかったので、ただ行ってそのぶんを戻るという謎の行動になりましたが、とりあえず念願のスペーシアに乗せてあげれたのでオッケーです。

ということで「東武スペーシアに用もなく1区間だけ乗ってみた」でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
書いた人
あな
S50年代生まれ。1児の父。Webエンジニア。モノの断捨離や固定費の削減が趣味。慣習にとらわれない自分なりの生き方で低収入でも豊かな人生を。
@anasanjpをフォロー