東北新幹線を安く乗りたい!えきねっとの”割引”それぞれでどのくらい安くなるか(東京-盛岡)

スポンサーリンク

当サイトで最もアクセスがあるのはこちらの記事です。

毎日数十人のかたが主に検索からきているようです。

そこで新幹線予約の第2弾として東北新幹線の割引についてまとめてみます。

なお比較時の基準として、筆者は岩手出身ですので東京(埼玉)-盛岡間の料金としました。

割引なしの場合

まずは割引なしの場合。
通常期、大人片道、乗車券付き指定券の料金は、
東京-盛岡、はやぶさの場合、
14,740円。(内訳は乗車券8,420円+指定券6,320円)
(大宮からは13,990円)

この料金が標準となります。

割引を利用した場合

JR東日本のえきねっとにはトクだ値という割引があります。

乗車予定日の1カ月前から当日まで購入可能(繁忙期はすぐに売り切れる)で、5%, 10%, 15%, 20割引があります。

さらに、乗車予定日の13日前までお先にトクだ値というものもあります。こちらは25%, 30%, 35%割引があります。

それぞれの場合について料金をみてみます。
※2017年4月1日現在の料金です。記載料金については個人調査の結果です。最終的には各々でお確かめください。

①はやぶさの場合


東京-盛岡間の場合、はやぶさが第一候補になります。
この条件では5%と25%の割引があるようです。

5%割引の場合、
13,990円。(大宮からは13,280円)
750円お得。

25%割引(お先にトクだ値)の場合、
11,050円。(大宮からは10,480円)
3,690円お得。

②はやての場合


はやてという選択肢もあります。
はやては、はやぶさが最高速度320km/hに対して最高速度275km/hとなりますが、時間的にはあまり変わりありません。

この条件では10%と30%の割引があるようです。

10%割引の場合、
12,790円(大宮からは12,120円)
1,950円お得。

30%割引(お先にトクだ値)の場合、
9,950円。(大宮からは9,420円)
4,790円お得。

③やまびこの場合

やまびこという選択肢もあります。
しかし、やまびこは停車駅が多いのではやぶさよりもかなり遅くなります。停車駅は、東京、大宮、福島、仙台、古川、くりこま高原、一ノ関、水沢江刺、北上、新花巻、盛岡で、赤字の部分がはやぶさ・はやてでは停まりません。

ゆっくりでもよく長時間座ってるのが苦にならないひとはこれもありです。

この条件では10%、15%、30%、35%の割引があるようです。

15%割引の場合、
12,080円(大宮からは11,440円)
2,660円お得。

35%割引(お先にトクだ値)の場合、
9,240円。(大宮からは8,750円)
5,500円お得。

※10%、30%ははやての料金と同一です。

④モバイルSuica特急券

トクだ値以外の割引としてモバイルSuica特急券(モバトク)があります。
※こちらは車両はどれでも料金が一緒です。

13,270円(大宮からは12,550円)
1,470円お得。

おわりに

東京-盛岡間の場合、車両にも3種類の選択肢があり、さらに割引もこれだけの組み合わせがあるので複雑です。

表にまとめたのがこちら。

25%割引以上(お先にトクだ値)になるとかなりお得ですね。

是非ゲットしたいところですが、そうそうとれるものでもありません。また発売後すぐになくなりますので、購入できる対象者は実質 新幹線の利用が1か月以上前に確定している人になるでしょう。

以上を踏まえて、少しでも安いのをゲットして、駅弁とビールでも飲みましょー

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
書いた人
あなさん。
岩手から関東に移り住んで5年。できるだけ読みやすい文章、デザインを心がけています。
@anasanjpをフォロー
よければランキングに協力お願いします!にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児育児へ