大手キャリアのiPhone契約者が電話番号を解約して格安SIMに変更する前にやるべきこと

スポンサーリンク

今回は筆者の失敗談をもとにお届けします。

先日ソフトバンクのスマホ契約を解約し格安SIMのデータ通信のみプランに変更しました。

格安SIMへの乗り換えはなにごともなくあっさりできました。

復元により、これまでどおりの状態でiPhoneを利用することもできました。

格安SIMに乗り換えて1週間くらい経ち特に困ることもありません。
データ通信のみで、さらにSMSが利用できないのはどんな不都合があるかと心配していましたが大丈夫でした。

苦闘のはじまり

そんなある日、ふとiPhoneを触っていて容量の残が気になりました。

そのときの空き容量は3GBほど。まあここでなにもしなければ良かったのですが。

筆者はクラウドサービスを駆使しているのでそもそも10何GBもなにかを入れているつもりはないので、もっと残容量があるべきなのです。
ちょっとした疑問が止まらなくなり、ネットで検索を始めました。

するとiPhoneを長く使用しているとゴミファイルみたいなものが蓄積されるという情報にあたりました。

これはやらない手はない。

バックアップと復元を敢行

ネットに記載の手順に従ってiPhoneをPCに繋いでiTunesからバックアップ→復元を実行

バックアップ完了後に復元の工程に。
一旦iPhoneは初期状態になるのでApple IDの認証画面がでてきました。

Apple IDが認証できない

パスワードを入力するとつぎの画面に。

あなさん
2ファクタ認証?
これ解約した電話番号にSMS送ってるけど。。

「もしかして復元できない?インストールアプリや設定関係全部やり直し?」

ここで脂汗をかいたのを覚えています。

ただいろいろいじっていたらApple IDの認証をスキップできたので駄目もとで初期設定画面をどんどん進んでいったところ、初期設定画面が終わったら復元が始まりました!

復元も無事おわり、バックアップ前と同じ状態になりました。「ほっ。」

ただ依然Apple IDは認証できていない状態です。

(もはやどうでもいいのですが空き容量は8GBに増えていました。)

Apple IDの認証と格闘

アプリは前の状態に全部もどりましたが、AppleIDが認証されていないといろいろ不都合があります。
たとえばAppStoreから最新アプリをダウンロードできなかったり、iCloudに日々バックアップをとることができません。

いろいろいじってたら(再起動したから!?)AppleIDのところに自分の情報が表示はされるようになりました。
おそらく復元からだと思われます。
ただしAppleIDの詳細画面に行こうとすると2ファクタ認証が求められるのでこのまま永遠と使用するわけにはいきません。

Apple IDの復旧を実施

2ファクタ認証の画面をよくみると「確認コードを認証されませんでしたか?」というリンクがあったのでそちらから更にいろいろトライしました。
ここでいろいろトライ(自宅の固定電話をSMS受信で登録したりしたかも)しすぎてわけがわからない状態に。

翌日Appleのサポートに電話

らちがあかないのでAppleのサイトをみたところサポート窓口がありました。
翌日電話してみたところ少し不慣れな女性のかたが一生懸命、毎回上司に聞きにいきながら対応してくれました。

結論としてはAppleIDは復旧リクエスト中というステータスになっているとのこと。

復旧には数日から数十日かかるとのこと。

もう気長に待つしかありません。

まとめ

そもそも余計な復旧なんてしなくてよかったのですが、まあいずれAppleIDを認証しなくてはならないケースは遅かれ早かれ来たかと思います。

経験談からまとめると、

  1. 電話番号を解約する前にAppleIDの信頼できる電話番号は変更しておいたほうがいい。
  2. もしものために複数の電話番号を登録しておいたほうがいい

筆者の苦闘がだれかの参考になればと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
書いた人
あなさん。
岩手から関東に移り住んで5年。できるだけ読みやすい文章、デザインを心がけています。
@anasanjpをフォロー
よければランキングに協力お願いします!にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児育児へ