クレジットカードとSuicaを電車で紛失! 最終的に連絡がきた経緯と学んだこと

スポンサーリンク

先日電車で出掛けた帰りの改札にて、Suicaとクレジットカードを入れたカードケースがないことに気づきました。

Suicaには通勤定期があり、またチャージの残金もそこそこあったので仮に紛失で戻ってこなかったら現金を1万円近く落としたのと同じです。

さらにもしクレジットカードが不正利用されたら大ごとです。

気づいてからの経緯

案外違うポケットに入ってたりする

わりとあるのがいつもと違うところに入れてしまっていること。
バッグの中身をひっくり返してみて、さらにズボンのポケットもくまなく調べて。

やはりない

5分ほど頑張ったでしょうか。いよいよもって紛失した事実を受けいれなくてはならなくなりました。

駅員さんに相談

まず改札の駅員さんに相談。

駅員さん
どこらへんで落としたかわかりますか?

今回通過駅数でいうと10駅以上あったと思います。また途中で1回乗り換えがありました。ただし乗り換えでは改札はなかったため、最初に乗った駅から最後に降りた駅の全部が紛失の可能性がある駅ということになります。

とりあえず乗った駅と自分の連絡先を駅員さんに教えてその場は終わりです。

クレジットカード会社に連絡

つぎに一番怖いのはクレジットカードの不正利用なのでクレジットカード会社に連絡。
(一刻も早く止めるに越したことはないと思っていた)

オペレーターさんはすぐにでました。カードはすぐ止めれるとのこと。

オペレータ
カードは再発行となりますのでご了承ください。

再発行!?

いま思えばあたりまえですが、カードを止めるということは無効にすることになります。
新しいカードが発行されカード番号も変わります。なお再発行手数料も1,000円ほど発生します。

電話する前までは、まずはカードを止めてみつかったら再開してもらおうと思っていたので電話をしながらパニック。

すみません。またかけ直しさせてもらいます。

カードを停止しないまま一旦電話を切りました。

不意に携帯が鳴る

頭を整理するために一呼吸おいて考えていたら携帯が鳴りました。

駅の人
○○駅ですけども○○さんですか?Suicaが届けられています。

そうなんです。鉄道会社のかたが直接自分に電話をできたのは記名式Suicaに登録してある電話番号は鉄道会社でわかるからです。

受け取りに向かう

ほっとしたと同時に自分の不注意さをここで改めて懺悔。
届けてくださったかたにはいまもって感謝しかありません。

届けられていたのは乗り換えた駅でした。乗り換えのさいにシートに置きっぱなしになっていたのでしょう。

手続き上の書類を書いて晴れて無事クレジットカードとSuicaが手元にもどってきました。

今回の件で学んだこと

  1. Suicaは必ず記名式にする。電話番号は最新にしておくこと。
  2. クレジットカードは24時間止めれるけど再発行になる

ここまで書いて悩ましいのはクレジットカードを止めるタイミング。
筆者の場合は幸運にも比較的短時間で連絡をもらったため、いそいでクレジットカードを止めなかったことは番号が変わるという面倒なことを避けれたことになりましたが、あくまでも結果論です。勧められることではないですね。

まずは紛失しないように日頃気を付けること。万一紛失した場合には基本的にはカードを止めなくてはいけない(番号が変わる)ことは肝に命じておいたほうがよいと思いました。

以上、Suicaとクレジットカードを紛失した経緯と学んだことでした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
書いた人
あなさん。
岩手から関東に移り住んで5年。できるだけ読みやすい文章、デザインを心がけています。
@anasanjpをフォロー
よければランキングに協力お願いします!にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児育児へ