“朝礼の一言” 注意点とねたの良し悪しを簡潔に

6月になり新入社員に初めて朝礼の司会が回る時期になりました。

そこで社会人を20年ちかく経験した筆者から主に新入社員に向けて、朝礼の一言の良し悪しについて書いてみたいと思います。

悪い例

やってはいけないというとすこし語弊がありますが、まずはあまり印象がよくないことを。

長い

これまでの社会人経験で会社に1人くらいは必ずいました。
毎回5分以上の独演会をする人。仕事もあまり上手ではない場合が多いです。

朝の一言は2分以内が適切というのが筆者の持論です。

政治性がある

ひとことで言えば世相を斬るようなことはやめましょう。

めったにない注目を浴びる場として気持ちが高ぶるのもわかりますが、だれも求めていません

結び方が立場と合っていない

よく目にするのが「皆さんもやってみてください。行ってみてください。」という結び。

たとえば週末の自分の話しなどをねたにした場合に終わりかたとしてこのフレーズがでてきます。
気持ちはわかるんです。でも新人が先輩上司に「ぜひ皆さんもやってみてください」と言うのはちょっとおかしい。
※筆者は上下関係などという考えは基本的に嫌いです。ここでは上手なスピーチ術の話しです。

それなら「もしご興味があれば参考にして頂ければと思います」でいいと思います。

ねた別の良し悪し

つぎにねたの候補とそれぞれの注意点について。

天候ねた

雨が続いている。雪が降った。寒くなった。暑くなった。

ベストオブ無難。誰かに不快な思いをさせる心配がまったくありません。
欠点としてはあまり時間が稼げないこと。
またこればかりだと自分に興味をもってもらえないので先輩や上司との交友関係が広がりにくくなるかも。

weather.yahoo.co.jp

仕事ねた

優等生な感じになります。
上司からは好印象になる反面、毎回毎回このねただと同期からは点数稼ぎと思われる危険性も。

注意しなくてはいけないのは、あまり会社や業務の確信をついた内容にならないように。

家族ねた、週末ねた

在籍期間が長く家族が居る場合は無難で聞いているほうも疲れないねたです。
でも新人や在籍期間が短い人がこればっかりだとどういう印象になるか。言わずもがなです。

時事ねた

困ったときの最終手段はこれ。
ねたが決まれば多少の膨らましは比較的簡単にできるはずです。
気をつける点は膨らませるときに政治性をなるべく帯びないこと。

news.yahoo.co.jp

おわりに

気を付ける点を挙げましたが、普段から社内で信用や人気がある人であればなにを言っても変な雰囲気を生みださないのも事実です。

ねた選びについては、基本的にブレンドして毎回変えればいいだけです。(天気のつぎは仕事、仕事のつぎは趣味というふうに)

文中にも書きましたが「上下関係を意識しなさい」とか「空気を読みなさい」という主旨ではないです。

スピーチ術として聞いている人が朝から疲れたり不快になったりしないほうが当然いいわけですし、自分自身も周りからの印象が悪いより良いに越したことはないはずです。

社会人1年生の参考になればと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
書いた人
あなさん。
よく言えば賢明。わるく言えばケチ。けして多くない収入でも豊かな人生を。
@anasanjpをフォロー