4歳の息子が飽きずに遊んだ プラレール保存版レイアウト

スポンサーリンク

現在4歳の息子ですが1歳くらいから電車に興味をもち、以来プラレールでずっと遊んでます。

ただ初期のころは電車が走るだけで熱中して遊んでいましたが、3歳4歳ともなると飽きる時間が早くなりました。
そこでプラレールの醍醐味のひとつであるレイアウトを工夫することがだんだん必要になってきます。

今回つくったレイアウト

筆者はあまりレイアウトを組むのが得意でないのですが、今回たまたま組んだレイアウトが奇跡的にうまくでき息子も長い時間遊んでくれました。

まず全体はこんな感じです。

順を追ってポイントを説明します。

自動ポイントレール

今回のレイアウトで一番重要なので最初に書きました。
名前のとおり電車が通るたびに自動で車線が切り替わります。

普通のレイアウトでは1番線はA車両専用、2番線はB車両専用となってしまいますが、これがあると同じ車両でも1番線のレール→2番線のレール→3番線のレールと3倍のレイアウトを走ることができます。

さらに2台以上の車両を同時に走らせたることにより相乗効果が発生します。
車両が追いついたり衝突したりしないようにストッパーで時間調整する楽しみができるからです。

こちらがそのストッパーのある駅です。むすこはこの前に座って車掌をやります

同じ男だからよくわかるのですが、男の子は見たものを自分が主役になって模倣することが大好きです。そしてその遊びにはストーリーが発生します。
駅の発車メロディーを真似したり、車掌さんの真似をして「発車します!黄色い線の内側に下がってください!」と言ったり。
大人であれば映画の世界に入り込んだようなものです。

そういう意味ではただレールがあるだけではなく情景部品の存在はとても重要です。
(知らないうちにむすこが自分で駅の直前に踏み切りを配置していました)

立体交差

2番線と3番線をうまく合流するためにたまたま組んだのですが、坂道レールによりレイアウトの中に高低差ができました。
さらにクロスしたことにより立体交差ができました。
写真がうまくその瞬間を撮れていませんが、タイミングがあうと2車両がこのクロスを同時に通過するというスペシャルな瞬間が生まれます。

おわりに

どんなにいいレイアウトをつくっても、うちのむすこは一緒に遊んであげないとダメなんですけどね。
大人にしてみれば長い時間プラレールで遊ぶのも一苦労ではあるのですが、まあ一緒に遊びたいと言ってくれる今が幸せだと思っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
書いた人
あなさん。
岩手から関東に移り住んで5年。できるだけ読みやすい文章、デザインを心がけています。
@anasanjpをフォロー
よければランキングに協力お願いします!にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児育児へ