ストライダーに乗ると自転車(補助輪なし)に早く乗れるようになるのは本当だった

スポンサーリンク

うちの子はけっして運動神経が抜群によいほうでないですが、近所の子より早く(4歳5ヶ月)自転車に補助輪なしで乗れるようになりました。

考えてみるとやはりストライダーから始めたことが良かったかなあと思います。

ちなみにストライダーとはいわずとしれたキッズバイク(ランニングバイクとも表現される)です。

ストライダーの特徴

重要な特徴だけピックアップすると、

  1. 軽い
  2. 自転車ではないが平衡感覚が養える
  3. 公道は走れない
  4. 後からペダルを付けることはできない

軽い

こどもにとって重量があるのは恐怖の一番わかりやすいところ。
自分で持ち上げれないものは怖いはずだし、そんなものに乗って走るなんて想像しただけで嫌がるのもわかります。

大人だって原付でなく最初から大型バイクに乗れと言われたら怖いですよね。

実際の重量は数字で見てみると一目瞭然。

車体重量
子供用自転車(14インチ) 約13Kg
ストライダー 3.0Kg
へんしんバイク 5.3Kg

※ストライダー、へんしんバイクは12インチです。子供用自転車はものによります。


※こどもが実際に自分で持ち上げているところ。

ペダルを付けることはできない

ストライダーはよく”へんしんバイク”と比較されます。実際に我が家も検討しました。
(へんしんバイクはその名のとおり後でペダルを付け足して自転車に変身できます)

ストライダーはペダルを後付けすることはできません。

ペダルの後付け
へんしんバイク
ストライダー ×

ストライダーの場合はストライダー→子供用自転車と2回購入することになりますが、へんしんバイクはそれが1回で済むわけです。
費用的にはへんしんバイクのほうがお得という見方もできます。

うちの子の場合

さて、ここからはうちの子のケースです。

2歳後半

2歳後半にストライダーを購入。
最初から乗ることに抵抗はなかった
(もちろんこの歳ではぎこちなく足を常に着いている)

3歳

ストライダーが最も活躍する年齢。
徐々にスムーズに走行できるようになる。
3歳後半になって、地面を蹴って勢いをつけてから足を離す姿を目にする。

4歳前半

4歳になると何の不安もなくストライダーの走行を見ていられるようになる。
勢いをつけて足を離す走行が通常となる。

(はたから見てて自転車のペダルを漕ぐ姿を想像できるようになります)

自転車を購入

このタイミングで自転車を購入。補助輪は最初からなし
もちろん最初からペダルを漕げるわけではないですが、二回目には初めてペダルを漕いで数メートル進んで、その後すぐに普通にペダルで走行できるようになった。

スポンサーリンク

近所の他の子との比較

ストライダー以外の子もみてみないと良し悪しを言えないので近所のこどものケースを参考として紹介します。

1歳上のA君

最初から補助輪つき自転車を購入。
5歳で補助輪なしで乗れるようになった。

1歳下のB君

へんしんバイクを購入。
現在3歳ですがへんしんバイクに乗って遊んでいるところをみたことがない。

1歳上のC君

ストライダーではないランニングバイクを購入。
6歳ですがまだ自転車(補助輪なし)に乗れないので現在お父さんと練習中。

まとめ

筆者がストライダーのお勧めポイントとして1番に挙げたいところは”自転車は楽しい。怖くない。というところから入れる“ということを挙げたいです。

とにかく子どもが自分から乗りたいと思えるものであれば、ストライダーであろうが何だろうが同じかなあと思います。
(とにかく乗って遊ばないことには平衡感覚はやしなえない)

今回の記事はあくまでもうちの子供の場合という1つのサンプルに過ぎませんが、ストライダーを買ってほんとうに良かったと自信をもって言えます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
書いた人
あなさん。
岩手から関東に移り住んで5年。できるだけ読みやすい文章、デザインを心がけています。
@anasanjpをフォロー
よければランキングに協力お願いします!にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児育児へ