東京駅での”在来線から東海道新幹線への乗り換え”を写真付きで詳しく

スポンサーリンク

今回大阪出張で新幹線を利用しました。

西日本方面で新幹線を利用したのは初めてではなかったのですが、もうかれこれ7年くらい前。

そもそもどこから指定券を購入すればいいのだったかなとか、いろいろ忘れていて調べ直すことに。

東京→新大阪の場合は東海道新幹線になるので管轄はJR東海さんになります。

jr-central.co.jp

やっぱりネット予約がいいので調べたら、ちょうどスマートEXなる新しいサービスがスタートしていて年会費無料なので利用してみました。また別記事にて。

ここでは東京駅での東海道新幹線への乗り方についてまとめてみます。

上野東京ラインからの乗り換え


筆者は東京駅へは上野東京ラインでくることになるので写真は上野東京ラインのホーム。
まずは新幹線の案内を探します。

基本的に何号車から降りても近くの降りる階段でいいでしょう。


新幹線の案内に従って進みます。


右手にお土産屋さんなど開けたスペースが見えてきて若干目を奪われましたが、まずは新幹線の改札へ。

新幹線のマークが2つありますが、東海道新幹線は青色で19-14になります。
(緑色は東北新幹線。東日本の人間は普段こっちしか乗りません。)


ほどなく東海道新幹線の改札が見えてきました。もう安心ですね。


新幹線改札をくぐって30mくらい進むと新幹線ホームへの登りエスカレーターがあります。


のぞみを見ること自体が新鮮です。

それでは行ってきます!

東京駅案内図

東京駅構内図

下のほうに細い赤い線を引きましたが、今回はこんな感じで乗り換えたことになります。
※いうまでもありませんが在来線ホームからの出口が違えば違うルートになります。

乗り換え所要時間

迷わなければ新幹線改札までは数分で行けるはずです。新幹線改札から新幹線ホームまでさらに2分弱。

荷物が多かったり高齢だったりの場合はさらに余裕をみる必要があるでしょう。

また新幹線の旅はビールとお弁当がないと。売店で落ち着いて購入できる時間もみておきたいものです。

また上野東京ラインなど在来線は遅延することもしょっちゅうあるので、そこらへんもリスク管理が必要でしょう。

筆者は最低でも20分前には東京着の電車で予定を立てることをお勧めします。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

意外とこういう情報は調べてもでてこなかったのでまとめてみました。

基本的には時間に余裕をもって東京駅に着いていればいくらでも現地対応できると思いますが、出来るだけ家をでる時間を遅くしたい人も多いと思います。そういう場合あらかじめ頭に入っていると心強いものです。

そんなわけで、東京駅での東海道新幹線への乗り換えについてでした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
書いた人
あなさん。
岩手から関東に移り住んで5年。できるだけ読みやすい文章、デザインを心がけています。
@anasanjpをフォロー
よければランキングに協力お願いします!にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児育児へ