大宮“多万里食堂” 昭和レトロの絶品中華そばに再会

こんにちは。あなさんです。

ふと”孤独のグルメ”のような企画もおもしろいかなと。

ということで第一回目は大宮駅からほど近い多万里食堂さんです。

お店の行き方

場所は大宮駅東口から歩いて3分ほど。

大宮高島屋の真裏になります。

駅からは高島屋の正面側を通りすぎ右に曲がって右に見えるファミマの脇道に入ってすぐ。

目立つ位置に看板がないのでここまで来ても5秒ほど「どこかな」ときょろきょろしますが”多万里”の文字をみつけました。

正直なところ外観だけだったらまず入らない趣き

あなさん
逆に期待できる。

事前にネットで口コミをゲットしていたのて決心をして突入です。

13時過ぎでしたが店は満席。

15名ほどだったでしょうか。常連さんのようなかたがほとんどだった気がします。

入ってすぐのカウンターにお年を召したかたが座っていて、空くのを待っている間、5歳の息子に話しかけてくれました。

注文は先にとるシステムのようでこちらでまずは注文。

メニュー

壁のメニューを見て選びます。

メニュー

注文して5分もしないうちに席が空いて、料理も思いのほか早く到着。

ラーメン

550円。
ラーメン

あなさん
懐かしい!

これですよ。この味。

まあラーメンはどこの店の食べても基本的に美味しいんです。だけど醤油の味はやっぱり微妙に違って、自分の中の「ザ・中華そば」の醤油の味に久しぶりに出会った気がします。

味噌ラーメン

750円。
味噌ラーメン

来る前にこの店は醤油ラーメンだなと感覚的に思ってましたが、味噌ラーメンも”あり”です。

餃子定食

餃子定食

餃子はまあ普通。ご飯が食べたいなら良いメニュー。

ひとこと

なんといっても醤油ラーメンの味。

実際うちの5歳の息子もこちらの醤油ラーメンが気に入ったようでした。

自分は岩手の田舎で育ちましたが、小学生くらいの年代でラーメンを外食するということはまずなくて、近くの大きな総合病院に親戚の面会などに連れて行かれたときに、母親が病院の食堂でラーメンを食べさせてくれることがありました。

病院の食堂のラーメンというと褒めているのかわからなくなりますが、とにかくシンプル。だけど上品な味。料理人の主張がない「お腹すいたならラーメンでも食べてって」とさりげなく出されたような。

幼き日の思い出も相まってタイムトリップしたような気持ちになりました。

わたしはこれをラーメンではなく”中華そば”と表記したい。

昔ながらの中華そば。ごちそうさまでした。

ということで、ご覧いただきありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
書いた人
あなさん。
よく言えば賢明。わるく言えばケチ。けして多くない収入でも豊かな人生を。
@anasanjpをフォロー