ごみを投げる日!?岩手っこが解説する南部弁

スポンサーリンク

わたしは岩手の北部で生まれ育ちました。両親ともにきっすいの岩手っこ。

岩手県北部には方言があり南部弁といいます。
なぜ東北の岩手の北部を”南部”というのか疑問に思うと思いますが、昔、南部さんという人が統治して南部藩があったところから岩手北部から青森の八戸あたりを南部地方というようです。

南部鉄器や南部せんべい、南部美人など、気づくとよく使われています。

この記事では生粋の岩手っこの筆者が南部弁についていくつか紹介します。

南部弁の例

ごみを投げる

南部の人
南部の人
今日火曜日だからごみ投げの日だ。

わたしの家庭ではこれが標準でした。なんの違和感も感じず使っていました。

けして投げる飛距離を競うイベントがあるわけではありません。

前後関係でお分かりと思いますが、ごみ捨てのことをごみを投げるといいます。

岩手でごみを投げてきてと頼まれたら、ごみ出しをしてあげてください。

け。

南部の人
南部の人
か、け。

一文字の方言というインパクトでピックアップしました。

「け。」とは「食べなさい」という意味です。

けの前には必ず「か、」という助走がはいります。
さあ、食べなさい。という意味になります。

け。の語源は”喰え”だと思われます。
喰えを出来るだけ口を動かさないで腹話術のように言ってみてください。

たなぐ

南部の人
南部の人
そっちたないでけろ。

うちの父からよく言われます。
持つことを「たなぐ」といいます。

わたしは男性としては非力ですが田舎で暮らしてると力仕事はよくあり男の仕事です。

高度な合わせ技として「たないで、すけでけろ。」と言われることがあります。

この場合、すけるとは手伝うという意味です。
こう言われたら荷物の片方を持って一緒に移動を手伝ってあげてください。

油をつめる

南部の人
南部の人
油つめてから行ぐがら。

ずばり給油のことです。
うちの父は100%こちらで言います。

「車のあぶらつめでけろ」と言われたら給油してあげてください。

あべ

南部の人
南部の人
ほら、あべ。

安倍さんを呼んでいるわけではありません。

「一緒に出かけましょう」ということです。
「あんべ」とも言います。
うちの母は100%こちらでいいます。

あんべと言われたら一緒に出掛ける準備をしましょう。

○○さる。○○さった。

南部の人
南部の人
間違ってやらさった。

こちらは南部弁というより東北、北海道と広く使われてるようです。
われわれの世代でも日常で使います。

さる。さった。の活用がすらっとできるようになれば、あなたも明日から東北人です。
やらさる。見らさる。押ささる。
過去形で、やらさった。見らさった。押ささった。

故意ではなく成り行きでこうなったというときに何でも後ろにつけて使います。

 
 

方言は年を重ねるごとに恥ずかしくなく愛着がわくものになってきました。

しかしながら私たちの親世代で途切れるのではないかという懸念もあります。

私たち自身は意味はわかるものの友達同士や県外では使いませんので。

わたしたちのアイデンティティとして後世に残ってほしいものです。