4歳の子どもにお薦めの絵本4選

子育て・遊び
スポンサーリンク

今回は4歳のうちの息子が気に入った絵本のご紹介です。

4歳にお薦めの絵本

あかたろうの1・2・3の3・4・5

おすすめ度:★★★★★

わたしは絵本を選ぶときにまず絵のタッチで決めます。
この本は最初あまり好きなタッチでなかったので戻そうかと思いましたが、ちらっと中身を確認すると文字の量が4歳にちょうどいい。

なんとなくストーリーも良さそう。

家で子どもに読んであげるとこれが大当たり

ストーリーは赤鬼の子どもが家に帰るとお母さんがいないので電話で探す(けして暗い話しでない)という内容です。
とにかくテンポがいい
韻をふんだような文章が何度もでてきて楽しい。

子どもが真似したくなるフレーズが盛りだくさんで、うちのむすこも「おかあさんならさっき来ましたよ。じゃがいも3つ買ってつぎは魚屋さんに行きましたよ」ってすぐに真似し始めました。

しりとりのだいすきなおうさま

おすすめ度:★★★★☆

絵のタッチが好きなので第一印象ですぐに借りました。
文字の量も4歳にちょうどいいです。

内容はタイトルをみて想像できるとおり
王様が家来に”しりとりの順番”に食事を持って来させる話しです。
いい意味で裏切られないのは好評価です。

トマトとトーストを繰り返し食べされられるオチはいいのですが、仕返しされて終わるよりもプリンに完結するハッピーストーリーを大人としては期待してしまいました。

ねむるねこざかな

おすすめ度:★★★☆☆

ねこと魚とタコのお話し。
ストーリーが大人にとってはシュールこのうえないですが幼児には気にならないと思います。

むすこも「また読んで」と言っていました。

絵のタッチが良いのと色使いがカラフルで良いです。3歳4歳にちょうどいいと思います。

くまくまさんのがいこくりょこう

おすすめ度:★★★☆☆

絵のタッチが好きだったので迷わず借りてきました。

ただ熊のお父さんとお母さんのすれ違いみたいなところが展開の軸になっていて大人としては微妙。

「おまわりさんには内緒ですが高速道路を大急ぎで」という記述もなかなか微妙。

こういうところを気にしなければ絵やストーリーは良いのでお勧めしたい。

おわりに

わたしが幼児のときに家に本棚一つぶんの絵本と辞典がありました。

辞典も絵本も好きで自分で読み込んだ記憶があります。

絵本はいいなあと改めて思う今日この頃です。