パソコンの買い換えでの着眼点をパソコン初心者の参考になるようにまとめてみる

雑記
スポンサーリンク

7年ぶりにパソコンを購入することにしました。

これまで使っていたパソコン

これまでは7年前に3万円で買ったLenovoのideapadという機種を使っていました。

ちなみにCPUは32bitでメモリは2G。
購入当時はさほど気になりませんでしたがWindowsを10にアップデートしてからブラウザを起動するだけに5秒以上かかるようになり、さらにWindowsUpdateが始まると死んだようになります。

iPhoneとiTunesの同期や写真のバックアップぐらいしか使っていなく、月に数回起動するぐらいだったので問題ないといえば問題なかったのですが。

パソコンを買い換える理由

昨年からブログを書き始めたり、また息子が大きくなって簡単なゲームをやれるようになってパソコンを起動することが多くなってきました。

今までのパソコンはとても耐えられるものでないので買い替えを決心したわけです。

新しいパソコンに求めるスペック

早くて安いに越したことはないのですがお金との兼ね合いがあります。

最低限求めるスペックを決めてから機種を絞ることにしました。

OS

Windows。

Macという候補もありますが会社がWindwsですし、Macでやりたいことがある人以外は素直にWindowsがいいでしょう。

ノートかデスクトップか

ノート。

家での使用が前提なのでデスクトップも検討の余地がありました。ノートよりデスクトップのほうが安くて性能いいものが手に入りますし。

最終的には性能よりも収納性や利用場所が柔軟なノートにしました。

CPU

64bit。第5世代以降。

32bitはWondows10が乗らないのでありえません。

またCore i5やi7にしたいのですが値段が10万を超えてくる機種になるのでCorei3も候補に入れました。

インテル(Intel)CPU性能比較|ドスパラ公式通販サイト
インテル(Intel)CPUの性能比較のページです。各CPUの性能をグラフで分かりやすく掲載!Core 2シリーズとCore iシリーズの比較や、今お使いのものと最新のものとの比較などにも役立ちます。最終更新2019年2月

ストレージ

SSD。

HDDは起動が遅く気軽にPCを起動することがなくなります。

容量は問いません。少ない容量でやり繰りするのはわたしは得意技なのです。

メモリ

4GB以上。

2GBはありません。8GBがいいですが最低条件としては4GBで。

費用

7万以内。

仕事として使うなら20万でも30万でも仕事がはかどることを優先しますが、趣味用途なので7万でも高いくらいです。

子ども持ちは趣味にお金をかけていられません。

重量

なし。

ノートでも2kg超えるものも1kg近辺のものもありますが2kgを超えるものはノートとは名ばかり気軽に持ち歩くことはないでしょう。

自分は家庭用途なので得に最低条件は決めません。

以上のスペックで市場調査してみた

まず「ノートPC」というキーワードで検索するとNECや東芝、パナソニックなどの国産ノートPCが出てきました。
ただこのあたりの機種だと価格が15万~25万というリストになります。

つぎに「安いノートPC」というキーワードで調べるとDell, HP, Lenovo, ASUSなどがでてきました。
このあたりは確かに3万近辺と激安なのですが、そもそもがモバイル用途の構成なので「ネット閲覧しかしない」というような割り切った用途になります。

わたしはゲームなどもしたかったので、5万以上でないとそもそも買い換える意味さえないものしか買えないことがわかりました。

価格.com - ノートパソコン | 通販・価格比較・製品情報
ノートパソコンを買うなら、まずは価格.comをチェック! 全国の通販サイトの販売価格情報をはじめ、スペック検索、クチコミ情報、ランキングなど、さまざまな視点から商品を比較・検討できます!

また調べれば調べるほど重量の軽量化と処理性能は反比例することも如実に見えてきました。
(どちらも兼ね備える機種は20万円超えます。)

8万以下で1.2kgを下回りグラフィック系がさくさく動くようなものを探していましたが、かなり虫のいいことを考えていたようです。

中古市場も調べてみた

Yahooオークションも1週間ほどチェックしてみました。

わかったことは中古でも欲しいなあと思える品質のものは、終了前は2万円近辺の入札価格だったとしても最終的には終了間際にぐんぐん上がって5万円近辺が相場ということがわかりました。

それならあと2, 3万だして新しいものにしたくなります。

結果的に選んだもの

LenovoのYOGA 710という機種にしました。

まだ届いていませんがグラフィック系の処理は多少厳しいと予想しています。

おわりに

価格的にデスクトップであればグラフィック系にも強い高性能マシンが買えたかもしれないです。
性能よりも機動性をとったということです。

写真を加工してWebにアップしたりブラウザでタブをいくつも開いて文字打ったりはさくさくできるはずと思っているのでそのぐらいの性能については期待しています。

以上、「パソコンの買い換えの着眼点」についてでした。