iPhone6のSIMロック解除不可機種を格安SIMに乗り換えてまだ現役で使ってます

スポンサーリンク

わたしは以前ソフトバンクを6年間契約し毎月8千円弱払っていました。

格安SIMがでたときにすぐに乗り換えたかったのですがわたしの機種はiPhone6でSIMロック解除が不可機種です。

2017年3月にソフトバンク回線系の格安SIMサービスがスタートとしようやく格安SIMに乗り換えることができました。

ソフトバンク回線系の格安SIMサービスとは?

SIMロック解除不可のiPhone(6や5)でも格安SIMに乗り換えることが可能になりました。

iPhone6s以降はSIMフリーまたはSIMロック解除が可能ですがiPhone6s以前の機種はSIMロック解除不可のためこれまでは格安SUMに乗り換えることができませんでした。

ソフトバンク系格安SIMサービス提供事業者

ソフトバンク回線格安SIM提供サービスを開始した通信事業者は「日本通信」と「Uモバイル」です。

U-mobile S
トップページ|b-mobile S 990ジャストフィットSIM
b-mobile S 990ジャストフィットSIM

わたしが最新機種を購入して格安SIMにしない訳

新しいiPhoneを購入することで上記の格安SIMサービス以外の格安SIMサービスに乗り換えることもできました。

iPhone6を使いつづけることにこだわる必要性はありません。

でもわたしはiPhone6を使い続けることにしました。

理由はただ1つ。新しいiPhoneを買うのに10万弱するから。これにつきます。

せっかく格安SIMにして月々のデータ通信費が削減されても10万近い出費が前提では本末転倒

おわりに

2019年現在でもiphone6をなんの不満もなく使い続けています。

以前はソフトバンクに毎月8,000円払っていましたが、いまは格安SIMで毎月1,020円です。

スマホに毎月8千円はお金を捨ててるようなものです。格安SIMに乗り換えましょう!

コメントを残す