4歳の息子が飽きずに遊んだ”プラレールレイアウト” パート2

スポンサーリンク

4歳5歳ともなると単調なレイアウトでは子どもがすぐ飽きてしまいますね。

この記事ではうちの4歳の息子が飽きずに遊んだプラレールレイアウトのパート2をご紹介します。

4歳の息子が飽きずに遊んだ”プラレールレイアウト”保存版
わたしの息子は1歳からプラレールで遊んでいますが、小さいころは長く遊べていたのに3歳4歳ともなると飽きる時間が早くなって...

レイアウトの全体

プラレールレイアウト

まずは全体ですが、こんな感じです。

追ってポイントを説明します。

操車場

プラレールレイアウト

今回のレイアウトのメインになるのが”操車場”という部品で、この部品で3車線に進行線路を切り替えることが可能になります。

プラレールレイアウト

3車線の先にはそれぞれストッパーを置いて停車場をイメージしてみました。

手動での切り替えが必要なので、空いてる車線に入るように考えて切り替える必要があります。

プラレールレイアウト

さっきは真ん中でしたが今度は左側。

一周して帰ってくるように

プラレールレイアウト

停車場から出発したら線路の先で一周して自力で折り返して帰ってくるようにしています。

一般的なレイアウトは同じ方向にぐるぐる一周するように作りますが、先で方向展開して帰ってくるのが子供には新鮮になります。

2台を走らせると正面衝突することになりますので、帰還後に違う車両を出発させるのも子供にはいい仕事になりますね。

単純なレイアウトでしたが、逆にサクッと出来ていろんなバリエーションにも発展できるかと思います。

ということで「息子が飽きずに遊んだプラレールレイアウト パート2」でした。

プラレール J-06 操車場
トイザらス・ベビーザらス
¥ 1,078(2019/05/15 05:44時点)

コメントを残す