iPhoneで”電話番号を変更して乗り換え”るときに注意すること

先日ソフトバンクのスマホ契約を解約して格安SIMに変えた。

格安SIMの契約とスマホのキャリア設定はなんなくスムーズに完了。

今回電話番号を引き継がなかったので前の電話番号は使えなくなったのだか、しばらく困ることはなにもなかった。

と、ある日大変な思いをすることになる。

ことの顛末

iPhoneの残容量を増やそうと思いたった

ある日iPhoneの残容量が3GBしかないのが目に入り、時間があるので空き容量を増やそうと思いたった。

バックアップと復元を敢行

iPhoneは長く使用しているとアプリの更新などによりゴミファイルが蓄積されるそうで、そのゴミファイルは”バックアップと復元”により削除できるという情報を見つけた。

ネットの手順に従いiPhoneをPCに繋いでiTunesからバックアップ→復元を実行。

バックアップ完了からの復元の工程で一旦iPhoneは初期状態になる。これが今回のミソ。

このタイミングでApple IDの認証画面がでてきた。

Apple IDが認証できない

AppleIDのパスワードを入力するとこの画面に。

認証コードを解約した古い電話番号に送っている!

ID認証が通らないことには復元ができない。。

復元はなんとかできた

いろいろいじってたらApple IDの認証をスキップするボタンがあった。

その後設定画面をどんどん進んでいったところ復元が始まる。

そして復元が無事おわりバックアップ前と同じアプリの状態が復元できた。

ただ、まだApple IDは認証できていない

Apple IDが認証できていないと困ること

AppleIDが認証できていないと不都合なことはAppStoreから新しくアプリをダウンロードできない
またiCloudに日々バックアップをとることができない。

設定のAppleIDのところに自分の情報が表示はされているが、クリックすると同じように2ファクター認証が求められ、電話番号認識によりそれより先の画面に進むことができない。

Apple IDの復旧をリクエスト

2ファクタ認証の画面をよくみると「確認コードを認証されませんでしたか?」というリンクがありそこから更に何パターンか実行したが内容がわかりにくく何を求められているのかまったくわからない。

最終的に「Apple IDの復旧をリクエスト」というのがあったので実行したが状況変わらず。

Appleのサポートに電話

もうラチがあかないのでAppleの公式サイトからサポート窓口を探す。

サポート窓口に電話してみたところ「お客様のAppleIDは現在復旧リクエスト中というステータスになっていますよ」とのこと。

復旧リクエストは届いてはいたようだ。

ただ復旧には数日から数十日かかることもあるとのこと。

もう気長に待つしかない。

 

電話番号を変える前に注意すること

1. AppleIDの信頼できる電話番号を変更しておく。
2. AppleIDの信頼できる電話番号には複数の電話番号を登録しておく。

 
これが今回の教訓。

 

そもそもバックアップと復元なんてしなくてもよかったのだが、いずれ遅かれ早かれAppleIDの再認証を求められるタイミングはきたでしょう。

電話番号宛てのSMS認証は電話番号が変わってしまった後ではどうにもこうにもならなくなるので注意が必要。

Tags: iPhone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。