月1GBプランでも毎日通勤通学時にネット閲覧とTwitterができるスマホの設定

格安SIMの登場で月額1,000円以下でスマホのデータ通信ができるようになりました。

ただ月額1,000円以下となると通信量制限があります。この価格帯では月の通信量が1GB以下制限になるかと思います。

そこで今回は月1GB内でも毎日の通勤通学で気兼ねなくデータ通信するための方法をご紹介します。

データ通信量を抑えるためには

結論から言うと画像を非表示にすることです。

もし「画像が見れないならネットを見る価値がない」というかたはこの記事はここで終了になります。

それでは具体的に画像を非表示にする方法をご紹介します。

※筆者はiPhone利用者ですのでiOSでの方法になります。

具体的なやること

1. ブラウザにコンテンツブロッカーを導入する

まずアプリのインストールが必要です。

App Store で「Image Blocker」で検索しインストールします。

iPhoneの設定からSafari – コンテンツブロッカーと進みImage Blocker をオンにします。

通常はこのような写真があるページが、

ImageBlocker導入後はこのように画像が読み込まれなくなります。

Yahoo!のトップページなんかもこの通り。

2. Twitterの設定を変更する

つぎはTwitterアプリのツイート内の画像を非表示にします。こちらはアプリ内の設定だけでできます。

「設定とプライバシー」から「基本設定」「データ利用の設定」

「画像のプレビュー」をこちらはオフにします。

ツイート内の画像はアドレス文字になります。

ツイートをタップして個別ツイートの画面になると画像は表示されるようです。

実際の効果

ネット閲覧とツイート閲覧が主のわたしの場合になりますが、毎日の通勤の電車内で利用して以前3GB弱だったのが、画像を非表示にしてからは1GBで十分収まるようになりました。

料金プランも月額2,300円プランから月額1,000円プランに変えれました。

ほかにもメリットが

通信量削減のほかにページ読み込みスピードのアップというメリットがありました。

外で4G通信の場合普通はページを開くのに読み込み完了までもっさりしますが、画像を非表示にするとさくさくページ全体が読み込まれるので外での閲覧ストレスが減りました。

デメリットも

Twitterの場合は個別ツイートをタップすれば画像が見れるのでそうでもないですが、ネットの閲覧は画像を見たいページの場合でも見れないので不便です。

なので家に帰ってWi-Fi環境になったらImageBlockerをオフに切り替えています。

これ自動でWi-Fi環境を判断して切り替わるようにならないかなあ。

 
ということで「月1GBでデータ通信するための方法」でした。